身近な暮らしの心理学

身近な暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく♪

【i-color診断 de 芸能人ウォッチ】三浦大知さんと菅原小春さん

こんにちは、i-color×心屋流カウンセラー みっきー@コーラルです。

 

【i-color診断 de 芸能人ウォッチ】、私が気になった芸能人や有名人を勝手に診断して楽しむだけの企画ですw

 

統計心理学i-colorについてはこちらをご覧ください↓

happycareer.jp

 

*************************

 

『関ジャム 完全燃SHOW』をたまたま見ていたら、ダンサーの菅原小春さんと三浦大知さんが出ていた。

 

初めて聴く30秒の音源に即興で振りつけていく様を見せてくれたのだが、その振付方がとても不思議だった。

 

2人して具体的な言葉を出すでもなく、実際にその動きをやるでもなく、なんとなくな言葉が飛び交う…

 

しっかり合わせたり、通してやることもなく、いきなり本番!

で、めちゃめちゃかっこよかった。

雰囲気があった。

 

そんな二人のi-colorを調べて納得。

 

三浦大知さん:レッド/ゴールド

 

菅原小春さん:ブルー/ターコイズ

 

2人とも拡大拡散が得意な展開グループ。

縛られることを嫌い、自由を好み、かっこよくスマートでリスペクトされる自分でありたい。

人に影響力を及ぼすカリスマ性を持ち、その活躍は広がりを見せる大物タイプ。

 

2人が世界で認められ活躍することもcolorの特性に合っている。

菅原さんが若い頃に「これやって」とやることを決められるのは苦手なんだと気づいたと話されていて、なるほどなぁと思った。

 

三浦さんは内面colorに展開グループのレッドを持ち、外面には表現グループのゴールドを持っている。

表現colorは具体化すること、形にすること、結果を出すことが得意で、ゴールドはオンリーワンで輝く研究者肌で職人気質の追求も特徴。

好きなことをとことんやる!人が何と言おうと自分がこう!と思った道を進めます。

 

レッドは楽しいことが大好きで華があり、ムードメーカー的な存在。

胸の中には熱く燃える想いがあってもそれを全面に出さず、どこか少しひいた、冷めた感じで見ていたりしますが、この人のスイッチが入った時の爆発力はすごい。

 

対して菅原さんのブルーもターコイズも展開colorのみの組合せです。

押し付けや束縛は苦手で、その時の気分が大事。

センシティブで察しがよく、雰囲気や空気感をキャッチして最適なものを選び取る力が優れています。

そしてそれは刻一刻と変化していくので、同じことは二度とできない、ゆえに突き抜けたパフォーマンスができるのかも。

ブルーは完璧主義者なので、世界観の表現、自分の想いや表現すること、仕事に対して厳しい基準を持っているかもしれません。

 

ターコイズとブルーはどちらも洗練されたものを好みます。

想像力豊かで、人がまだ見ぬ世界を描いているかもしれません。

 

そんな展開colorがメインの2人なので、言葉や動きにしなくても、なんとなく通じあって、ああ、うん、それで…というようなやりとりでお互いに言いたい事を感じて察して作り上げることができたのだと思います。

 

展開colorのない私からしたら不思議な世界だけど、2人の間ではごく自然なコミュニケーションなのでしょう。

 

 

*************************

 

◆【みっきーオリジナルセッションのご案内】はコチラ 

◇はぴきゃりHPのi-colorコラム:最新記事はコチラから