身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~

i-color×心屋流で、身近な暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく♪

”放置という名の愛情” を受け取れるようになったら上級者?!

i-color×心屋流で“大丈夫”を伝える みっきーです^^

自分再発見ツールi-colorと心屋流カウンセリングを使って
“あなたの暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく”を
モットーに新潟市で活動しています。

◆【みっきーオリジナルセッションのご案内】はコチラ

◆イベント先行案内【えこひいきへの扉】登録はコチラ

◇はぴきゃりHPのi-colorコラム:最新記事はコチラから

 

 

 

<2016.9月公開記事 アレンジ>

 

みなさん、ごきげんよう^^

i-color×心屋流カウンセラー みっきーです。

はぴきゃりHP コラム更新しました↓

happycareer.jp

 

”放置という名の愛情”について、少し補足させてください。

私が属するi-color表現グループは以下のように考えています↓

「放置=愛・尊重・信頼」

これね、察してほしい展開グループや、かまってほしい発案グループの方からすると、まさに「え?」「はぁ?」ってなると思うんです。

放置って、もう私に関心ないとかじゃないの?嫌いだから放っておくんじゃないの?って…

思います?


私はね、好きなようにさせてもらってるんだなぁと安心してしまうのです。

逆にあれこれ言われると、干渉と感じたり、私のこと信じてないのかな、と思ったり…


というのも、表現グループは自分のペースや自分の満足納得をとても大事にしているので、自分が何かに没頭している時に横からかまわれることを好みません。

放っておいてほしいと思っています。

自分で集中して結果を出すから、任せてほしいとも思っています。


かまってほしい時は自分から行くので、相手が何も言ってこない=構わなくてもいい、とか、相手も何かに没頭しているんだろう、とか思いがちです。

仮にあなたが、「全然かまってくれない!私に関心ないのねっ」と背中を向けて拗ねていたとしても、何も言ってこない=何か自分のことしてるのかも?=集中できるようにそっとしておこう、という図式が成立し、かまうどころか別の部屋に行ったりします。

↑これ、発案グループだとめちゃショックだと思います。ああ、もう、見放された、みたいな…^^;ごめんなさい、気づいてないだけなんです…


仮にあなたが「こんなに不機嫌な態度なのに、察してくれないなんて意味がわからない!」と不機嫌そうに黙っていたとしても、何も言ってこない=考え事に集中してるのかもしれない?=そっとしておこう、という図式が成立し、自分は自分で別のことをやり始めてしまうかもしれません。

↑これ、展開グループだと察してほしくて言わなかったりするんですが、わざとスルーしてるの?嫌がらせ?と思ってしまうくらい、悪気なく本気で気づかなかったりするんです…


表現グループは放置されていることが、信頼されてるんだな~とか、尊重してくれてるんだな~と嬉しく思う、つまり愛情として受け取れるので、相手にもそうしてしまうことがあります。

ほっといてるんじゃなくて、あなたのペース・やり方を尊重して、口出しせず黙っているのです。

関心がないわけじゃないんです。

自分が邪魔されるのが嫌なので、助けてほしい時、意見が欲しい時は、あなたから言ってくるだろう、というスタンスなんです。

 

なので、表現グループのパートナーやご両親、お子さんを持つ方は、してほしいことははっきり伝えてOK

そして、自分に理解できない言動は、本人に聞いてOK


聞かれないとわからない、言われて初めて気づく、そんな視野の狭い世界で、一生懸命生きているのです。


表現グループはゴールド、オレンジ、グリーン、コーラルからなっています。

言葉を額面通り受け取ることもあるので、深読みや察することは苦手です。

ということは、その言葉には嘘がない、彼らの言葉はそのまんま受け取っていいのです。

 

時にはっきり言いすぎて、傷つきやすい発案さんをえぐったり、みなまで言うなの展開さんをばっさり斬ってしまうこともある表現^^;

そんな時でさえ「今のは傷ついた!」「そんな言われ方は悲しい」とはっきり伝えてOKです。

 


大事にしているものが違うだけなの。

発案グループは人の気持ちや信頼関係、プロセスを何より大事に。

展開グループは全体の雰囲気やその場の空気を壊さないように、自由や効率を大事に。

表現グループは自分の満足納得や結果を出すことを大事に。

 

みんなが自分の優先順位に従って行動しているとしたら、

伝え方や表現方法が違って当たり前ですよね。

 


なので、表現さんからの愛情を感じる時、行動に注目してもらうのもありだと思います。

共感の言葉はないけど、そこにいる=嫌ではない(そこにいるという行動が結果として好意)みたいな感じ。わかりにくいかな?


そんな風にとらえると、黙ってあなたのそばで好きなことをしているあの人は、

あなたのことを考えていないわけじゃなくて、あなたに関心がないわけじゃなくて、

ただあなたの時間を大切にしつつ、一緒にいつつ、自分の好きなことをしているだけ。

そこ、とても幸せな時間が流れているのです。


私、家族が家にいるけど、バラバラのことをしているの、好きです。

夫がスマホでゲームして、子どもがDVD見て、私がブログ書いてて、まあ、たまに話したり話さなかったり。

そんな時間、とても幸せを感じます。


昔、お互い同じ空間にいるけど、それぞれ自分の好きなことを別々にしてるのが好きっていう友達がいたら、寂しくない&自分の好きなことできて楽しいだろうなぁ、私みたいな人いないかなぁと思っていたけど、叶いました(笑)

とはいえ、夫は展開グループなので、自分のタイミングで自由に私にも子どもにもかまいますけどね。

違いを知っていても、ペースを乱されてイラっとしますがヾ(。`Д´。)ノ


長くなってしまいました^^;

それぞれの愛情表現について書きたいと思っているので、また別記事で書きますね。