読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~

i-color×心屋流で、身近な暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく♪

【i-colorセッションご感想】 印象的だったのはグループによって重要視しているものが違うこと

i-color×心屋流で“大丈夫”を伝える みっきーです^^

自分再発見ツールi-colorと心屋流カウンセリングを使って
“あなたの暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく”を
モットーに新潟市で活動しています。

◆【みっきーオリジナルセッションのご案内】はコチラ

◆イベント先行案内【えこひいきへの扉】登録はコチラ

◇はぴきゃりHPのi-colorコラム:最新記事はコチラから

 

 

 

<2016年9月公開記事再掲>

 

i-color×心屋流カウンセラー みっきーです。

 

対面でi-colorセッションを受けてくださった方の感想を掲載させて頂きます(了承済み)

発案グループの娘さん&表現グループのお母さんの組み合わせでした。


********************以下、抜粋

 

印象的だったのは、
グループによって重要視しているものが違うということ。

今まで、なぜわかってもらえないのだろう?
自分の考え方が甘いのかな?と感じていたけれど
見方が違うからとわかってすっきり!!!(*^^*)

一時期、効率重視、おまけに相手にも厳しくo(`ω´*)oというのをしていた頃は
本当にしんどくて💧
ダメな自分だなぁなんて思っていましたが😭
本来の自分と離れたことをしてたからか👀
と、納得できました!


母親との関係もおなじで
褒められても結果しか見てくれない

相談しても、◯◯はこう言ってたよとか
あたしが求めてるものとは違う反応ばかりで不満でしたが、

母は母なりに応えようとしてくれたんだなぁと…😅


あと、今の職場にきて内面を出しやすくなったことに気づきました!
それまでの職場では、
自分から話しかけたりしないし、周りの人と距離を取っていました。
だからか、長くはつづかなくて💧

いろいろあるけど、居心地いいんだ( ・_・)
と、まだ信じられない感じですが(笑)

 

********************ここまで

 


文中、強調しましたが、グループによって、重視しているものが違うのです。

同じものを見ていても見ている部分が違う。

同じことをしようとしても優先順位が違う。

え?同じじゃないの?そこが大事なの?

違和感を感じ、理解できないと、誤解を生じたり、すねにつながったりすることがあります。

私のことを大事にしてくれない!とかね。


自分と同じだと思うと、相手の大事にしているものが見えにくくなります。

相手は相手で大事にしているものがある。

 

そして、相手は相手なりに、あなたのことを考え、大事にしようとしている。

ただ、望んでいる愛情の形じゃなかったからといって、その愛をなきものにしてしまうのはもったいない。

 

私は愛されなかったと嘆く前に、本当にそうかな?

考えてみませんか?

 

あなたの愛情表現、欲しい愛のカタチは、必ずしも相手と一致していないかもです。

 

そのすれ違いをひも解くのに、面白いのがこのi-colorというツール。

 

親子だけでなく、夫婦、パートナー、友達同士、会社の人間関係…応用範囲も広いので、あなたのお悩みにお役立ち頂けると思います。