身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~

i-color×心屋流で、身近な暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく♪

しんどかった自分、頑張ってきた自分を認めるきっかけに

<2016年3月 公開記事アレンジ>

 

"i-color CAFE"というイベントを開催した時の感想を頂きました↓

 

以下、引用*********


今回はi-color診断をしてもらって

自分や周りの人がどういう特長を持っているのかを

知って見たいという

ちょっとした興味があった。


結構軽い気持ちで参加したんだよ。


そしたらさ

始まってみっきーが色の説明をし始めたら


うわ!!ちょっとはずかしぃーー!!

ウギャー!なんでそんなことわかっちゃうの!?ヽ(;´Д`)ノ

ちょっと!それ今まで知られないようにしてたのに~(/ω\)


という、悶絶を繰り返してました(笑)


やばい、興味本位で行ってみたら

自分の認めたくないとこを

露呈することになってしまった(^▽^;)


それはなぜかってーと

私の診断結果が

今まで苦手だと思ってたこととか

良くないと思ってたとこが

思いっきり特性として表れてたからなんだよね。

 

そんでさ、

夫のことはもちろん(笑)

私の家族のことも

診断してもらってたんだけど


なんかさー

今までなんでわかってくれないの?とか

なんであんなことするの?って

思ってたことの謎が解けちゃったよね。


だってさ、

両親と私って

同じところがないんだもん!(´Д`;)


私は

かまって欲しい

気持ちをわかってもらいたい

察してほしいし

褒めてもらいたいタイプなのに


両親は

放っておいてほしい

(だから相手も放っておくのがベストっていう考え)

察するのが苦手

褒められるのが苦手(だから相手も褒めない)

 

私が持っている特長と

両親が持っている特長で

かぶっているところがない!!


マジか~~~~~(´□`。)


今まで

してもらえないのは

自分がいけないからだ

っていろんなところで

自分を責めてきてたのに


それが
もともと持っているものが違っただけだったーーー!

という

壮大な勘違いをしていたことが判明(笑)


**********引用、ここまで


彼女の診断結果を見た時に、あ、お父さんお母さんと要素が全くかぶってないから、しんどかっただろうなって思ったのね。

 

それはお互い悪気なく、自分の素質に正直に生きていると、愛情表現が違う、重きをおいていることが違う、‘よかれ‘と思うことが違う…自然にすれ違ってしまうんだよね。

 

そして、お互いに理解できなかったりする。

そして、時に自分を責めてしまったりする。

そして、すねすねワールドへ旅立ったりする。

 

大好きなお父さん、お母さんを責めるより、自分がいけないんだ、自分がダメなんだと、自分をえぐって頑張る教に入信した人は多いのではないだろうか。

 

私はそうでした。

お母さんの言ってることがわからない私がおかしいんだ、私がダメだからお母さんはあんなに心配して先回りして何度も何度も言ってくるんだ、私が普通にできないからダメなんだ、もっと努力しなくちゃ、せめて人並みになれるよう頑張らなくっちゃ。。。


しんどかったね…

よく頑張ってきたね

あなたは十分頑張ってきたんだよ

ダメだダメだと自分を責めてきたね

もういいんだよ

あなたもあの人も誰も悪くない

ただ、違っていただけ

同じものを見ているようで違うとらえ方をしていただけ

そこをちょっと思いきり拗ねてしまっただけ

それでもなんとかしようと、一生懸命頑張ってきたんだよね

あなたのcolorは、そのまま咲かせていいんだよ

何も足さず形を変えずとも、もうすでに素晴らしいのです。


身近な人との違いを知ることで、しんどかった自分、頑張ってきた自分を認めるきっかけになるかもしれない、と思いました。

そして、今まで気づかなかった自分の強み、ないことにしてきた魅力、実はよく言われてきたのにスルーしてきた自分の素晴らしさに気づいたり、受け取るきっかけにもなるんじゃないかな、と改めて思えた一日でした。



 

◇◆◇ここから2017現在の補足◇◆◇


個人セッションでお伝えできる情報量が日に日に増しています。

それを整理できる新しいツールを手に入れました。

組み合わせてさらに楽しいセッションができそうです。

近々優先的にご案内させて頂きますので、興味のある方はぜひご登録お願いいたします。

 

みっきーのイベント先行案内メール【えこひいきへの扉】

事前登録フォームはコチラ