読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身近な暮らしの心理学 ~統計心理学i-color×心屋流~

i-color×心屋流で、身近な暮らしをちょっと楽に、もっと楽しく♪

【i-color de 芸能人ウォッチ①】今クールのドラマ出演者「カインとアベル」からスタート

調子に乗っていってみよう、気まぐれ企画

 

【i-color de 芸能人ウォッチ】

 

i-colorカウンセラー みっきーです。

 

 

反応がよかったので、もうちょっと遊んでみようと思います。

 

テレビっ子はドラマっ子でもあります。

 

今クールのドラマ、見てるものから順に出演者のi-colorを調べてみようと思います。

 

さあ、日曜夜まで辿り着けるのか?

 

ひとまず月9の「カインとアベル」から…

 

山田涼介さん:ターコイズ/コーラル←自由人で鋭い切れ者ながら親しみやすさも演出できる行動派

 

桐谷健人さん:オリーブ/バイオレット←人が大事、みんな仲良く場を和ませていそう

 

倉品カナさん:グリーン/ゴールド←自分のペース・考えが何より大事で動じなそう

 

高嶋正伸さん:オリーブ/ピンク←大胆なようで緊張しいなのもわかる組合せ、環境が大事

 

ついでに

 

桐谷美玲:イエロー/ロイヤルブルー←安心安全な環境で力を発揮できる実績主義の慎重派

 

↑同じ名字つながりCMつながり(〃∇〃)

 

 

松田翔太さん:グリーン/レッド←マルチな才能はグリーンによるもの、レッドが拡散&スケール大

 

濵田岳さん:ブルー/ロイヤルブルー←繊細そう…個性派俳優にぴったりな気がする組合せ

 

菜々緒さん:オリーブ/バイオレット←Sな乙姫様やってるけどめっちゃ人志向だった

 

auの三太郎CMつながり(〃∇〃)

 

 

 

ここまで調べるだけで、すでに疲れた(笑)

 

 

ドラマの中では親子役の桐谷さんと高嶋さんのcolorがどちらも発案Gのみで、次男の山田さんだけが同じ要素を持っていない。

 

父、兄から山田さんを見たら異端児に感じるし、山田さんから見たら、父と兄の結束の固さに疎外感を感じるかもなぁ…

 

と、実際の親子として考えてみました。役柄的にはどうなんでしょうね。

 

 

ちなみに、松田将太さん、私、好きなんですが、グリーンだったことが腑に落ちました。

 

グリーンを内面colorに持つ有名人といえば、さんまさん、タモリさん、福山雅治さん、など、まさにマルチに活躍されている方々。

 

そこにレッドという展開Gの要素が加わることで、スケール感や発想の自由さ、カリスマ性なども加わるのかなと思いました。

 

グリーンが落ち着き払った司令塔だとしたら、レッドはやんちゃな子どもみたいな突撃部隊。

 

このどちらの要素も持つことでまた魅力的にみえるのかも?

 

本人は矛盾や葛藤があるかな…

 

真逆の要素でも互いを補完するように使えば、慎重なグリーンに対して、行動力を補えるレッド、という感じでいいと思います。

 

 

内面と外面colorのグループの違いでアクセルとブレーキを同時に感じてる方がよくいらっしゃいますが、どちらも自分の要素なので、意識して使ってみるのもありだと思います。

 

 

あ、ドラマ出演者より松田将太さんの字数が多くなっちゃった^^;

 

出演者の選出も全部やると疲れるから、私の目についた人のみになっております。

 

気になる、知りたい人がいたらコメント欄でお知らせくださいませ~

 

 

いつまで続くかこのシリーズ?!

 

あと見てるドラマが…8本はあるぞ…(;・`ω・´)